白内障とは

白内障とは

白内障は、水晶体が白く濁ることで視力が低下する目の病気です。白内障の原因としては、加齢が原因の加齢性白内障(老人性白内障)が大半を占めており、早い人では40代から発症し、80歳以上ではほとんどの人が白内障になっていると言われています。

加齢性白内障は、水晶体の周りから濁りが進行するため、白内障の初期では目だった自覚症状はありませが、白内障が進行するにつれて水晶体の濁りが中心部に及んでくると視力に影響がでてきます。主な症状としては、目のかすみ、ぼやけて見える、物が二重に見える、光がまぶしく感じる、薄暗く感じる、近視の進行といった症状が現れます。一度濁ってしまった水晶体を透明に戻す薬はありませんので、根本的な治療法は手術しかありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です