老眼とは

老眼とは

老眼は、遅かれ早かれ誰もが経験する代表的な目の老化現象です。一般的には、40歳を過ぎると自覚してくると言われていますが、パソコンの使用頻度が増加したことや、携帯電話の普及やゲームの流行などが原因で、その年齢は低下傾向にあります。

カメラに例えるとレンズの役割を担っている水晶体は、遠くを見る時は薄くなり、近くを見る時は厚くなり、その厚さを変化させることでピントを合わせています。かつては、水晶体の厚さを変える働きをしている筋肉(毛様体筋)の衰えが老眼の原因であると言われていましたが、実は老眼は水晶体が固くなることが原因で起こります。若い頃は弾力性があった水晶体が、加齢とともに弾力性を失ってピント調節機能が低下することが、老眼の原因です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です