白内障手術は単焦点レンズが主流

白内障手術は単焦点レンズが主流

白内障の手術は、濁った水晶体を取り除いて、人工の眼内レンズと挿入することで、霞んだ視界をクリアに改善することができます。白内障手術を検討する年齢は、老眼に苦労している年齢でもあり、どうせなら同時に治療できることに越したことはありませんが、日本国内で白内障に使用される眼内レンズは、1つの距離にしか焦点が合わない単焦点レンズが主流です。単焦点レンズによる白内障手術では、一般的に遠くにピントを合わせるため、手元は老眼鏡に頼るしかありません。せっかく手術を受けても老眼鏡が手放せないのでは、生活の不便さまでは解消されません。できることなら白内障と老眼を一緒に治療できたらと考える人も少なくないでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です